痛みは悪者?? 【自律神経失調症】 

手のしびれを感じる場所・器官はどこにあるかご存知ですか?

脚の痛みの場合はどこでしょうか?

 

 

痛い、冷たい、熱い等の感覚・知覚はで感じます。

 

 

もちろんそれだけではなく、怒り・悲しみ・喜びもで感じます。

目、耳、鼻、皮膚の感覚を神経の回線を通して脳、身体の中央コンピューターに対して情報を伝達します。

 

 

・美味しそうな料理を見たり、その匂いをかぐとよだれが出て食欲を刺激する

・怖い映画を見ると目を閉じたくなる、身体を縮めこむ

・視覚等で性的興奮を感じると男性器は勃起する

・不安な状況に陥るとドキドキして脈がはやまる、発汗する

・熱いフライパンを触ると自然と手を引っ込める やけどの直後

 

これらの反応は何も考えずに起こることがほとんどです。

 

 

しかしこれらは【自然】な状態ではなく、しっかりと【機能】している時に正しく反応しています。これらが正常に反応していない時には問題が起きている可能性があります。

 

 

逆に手の指や脚を触っても感覚を感じない場合は神経が正しく機能していない状態です。

 

 

そしてこの正常ではない状態機能不全問題は必ずしも痛み等の症状が現れているとは限りません。むしろ症状が現れない状態で進行することがほとんどです。身体が感じる感覚神経は神経全体の10%程度に過ぎません

 

それよりも心臓や臓器の働きをコントロールする自律神経身体の動きを管轄している運動神経が神経全体の90%を占めています。自律神経失調症の場合は痛みよりも以下の症状が出ることもあります。

 

 

・ドキドキ
・発汗 口の渇き 冷や汗
・月経不順
・鬱(うつ)と躁(そう)の乱高下
・頭痛
・動悸 息切れ
・手足のしびれ
・めまい たちくらみ
・泌尿器 生殖器の不具合

 

 

そしてこれらは自律神経失調症と広い範囲を表しています。私が考える自律神経問題とは脳の誤作動、神経障害です。中央コンピューターにトラブルが起きている、途中の回線、ヒューズやスイッチが正しく機能していないと考えます。

 

 

痛みがあることは必ずしも悪いとは限りません。10%しか割り当てられていない神経がなんらかのメッセージを発しています。全ての症状を痛み止めや炎症を抑える薬でそのメッセージを遮断、無かったことにしてしまうことは良くありません。それらは問題の除去ではなく途中の信号を取り去っているに過ぎません

 

 

先に示した様々な症状は脳の誤作動エラーメッセージなのか神経障害のメッセージなのか、そしてその両方ではないこともあります。自律神経はオンとオフのメリハリが正しく行われることが理想です。交感、副交感神経がシーソーのように動くことが良い状態です。

 

 

カイロプラクティックが行うことは自律神経を含めた神経障害がないかどうかのチェック、混線や不具合がある場合には調整します。この保守点検業務を行う事がとても大切です。ブレーカーのスイッチやヒューズを調整することで各部屋のライトが点灯し、色んな電器に電流が流れます。

 

=================================
【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・水曜・金曜10時~19時  火曜・土曜10時~16時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です