誰しもが陥るかもしれない育児ノイローゼ 身体的・精神的に疲れる… 現代の子育てはなぜストレスがかかるのか… 

時代は変わってきましたが育児は女性が担う役割は依然として大きいです。

 

出産、母乳での授乳はお母さん、ママしか行うことができません。

 

 

私のまわり、そして来院されるクライアントの中には育休を取ったり時短・フレックスで出社されているお父さん、パパさんがいます。しかしながら【ママ】は家族や子供にとっても大切な存在です。

 

 

育児疲れについてコチラのブログで取り上げたところ、クライアントからの反響がありました。

 

 

今回は育児ノイローゼやストレスについてカイロドクターの立場から、そして鬱やパニック障害を経験した立場から述べます。

 

 

育児ノイローゼになる要因はいくつかあります。(パパさんでもなり得ますが今回はママさんの視点です)

 

・睡眠時間が確保できない

・夫、パートナーの協力不足

見知らぬ土地や環境での育児

・姑や舅、地域やママ友とのストレス

・社会とのつながりを感じられない

・家事と育児で毎日の時間が過ぎていく

・忙しすぎる

 

そして育児ノイローゼ(敢えてこの呼び名を使用しています)は精神的ストレスの蓄積です。そして精神的ストレスは身体的負担となって現れることがあります。

 

 

それが何らかの【症状】です。

 

肩が痛い

腕が上がらない

手がしびれる

腰が痛い、重い

頭痛と首の痛み

腹痛や胃の違和感

 

 

検査時に身体的・構造的な問題が無くて痛みがある場合もあります。

そして可動域や柔軟性がなくても痛みがないこともあります。

 

 

慢性的な痛みやコリ、ハリは脳に誤った情報を与えることがあります。

 

 

身体的な問題→痛み 分かりやすい例ですが

精神的なストレス→痛み も引き起こします。

 

 

しかし育児や家庭の問題で精神的ストレスがかかりすぎると

①身体的な問題が無い状態 または 深刻ではない状態

②精神的ストレスも一時的に軽減された

としても脳が【痛い】状態を記憶しています。そして【痛い】と思い続けます。

 

 

もはやどれが正常でどっちが正常ではないかの区別が曖昧になってきます。

その上で症状だけを追ってしますと身体の問題を見極めることは難しくなります。

 

 

当院は詳細な検査、オリジナルの検査を行います。レントゲン分析や姿勢検査、動きの検査も含みます。

これは身体的ストレスと精神的ストレスを把握する為です。

 

 

そして施術、身体的アドバイス、運動指導、リラックス法をお伝えすることで症状に左右されない身体作りをお手伝いします。でもその前にまずは下記のアドバイスを実践してみて下さい!!

 

 

・悩みを我慢せずに人に話す たとえ解決できなくとも

・外にでる ベビーカーを利用しながらウォーキングでも良い

・夫、パートナーと真剣に話す 協力してもらう

・ママ友やコミュニティの力を借りる

・親 姑 舅にもヘルプを求める

・外とのつながりを持つ

・笑う

・好きな本や映画を観る

・30分でも良いから趣味に没頭する

 

(生後23時間の時から私がカイロプラクティックのチェックと施術を行っていました@オランダ アムステルダム)

 

 

=================================
【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・水曜・金曜10時~19時  火曜・土曜10時~16時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
公式ブログ:http://doctor-yoshida.com/blog/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です