「牛乳ちゃんと飲んでますか??」  私は… 

私は飲んでいません。特に嫌いではなかったのですが中学生以降に飲んだ記憶がほとんどありません。

 

 

低•無脂肪、成分調整、加工乳、そして成分無調整牛乳を飲まれている方は多くいらっしゃると思います。

 

 

牛乳を飲まれている方はそれらを嗜好品と認識されていますか?

 

 

牛乳=健康という刷り込み、宣伝に踊らされています。

 

 

成長ホルモンを注射されず、

狭い牛舎に監禁されず、

毎日大量に機械で搾乳されず、

有機・自然の牧草を食み、

自由に放牧されている牛の牛乳は栄養価が高く、価値あるものです。

 

 

子牛にとっては!!

 

 

スーパーで並んでいる牛乳や乳製品の中で「ヒトの手」がかかっていないモノはどれ程あるでしょか。

 

 

「ヒトの手」とは「手間」ではなく人工的に作られているものです。

 

 

例えばチーズフランス、スイス、オランダでチーズといえばナチュラルチーズを指します。

 

 

アメリカや日本の一般的なスーパーではプロセスチーズがほとんど。殺菌・加工し乳化剤を加え、保存を長引かせる為に見た目を良くし癖を無くす添加物が満載です。

 

 

私はチーズが好きなのでアメリカのウィスコンシン州、オランダ、フランスでもよくチーズを食べました。もちろんナチュラルチーズをです。日本のスーパーではナチュラルチーズを探す方が難しいです。

 

 

【カラダに悪い添加物…】というよりもプロセスチーズが美味しくない。身体が欲しないから食べません。

 

 

チーズ、ヨーグルト等は嗜好品ですが日米をはじめ、牛乳の健康神話の高さに驚かされます。

 

 

牛乳も嗜好品です。

 

 

どうして牛のおっぱいなんでしょうか??

 

 

ヒトのおっぱいで良いのでは?

 

犬や豚、はたまたチンパンジーのおっぱいでない理由は?

 

 

牛は体が大きく乳房、乳首も多くあります。もうお分かりですよね。大量生産し大量消費させなければ賄いきれません。

 

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ鳴り下痢になる人も多いと思います。

 

 

日本人の多くは「乳糖不耐症」で分解酵素のラクターゼ不足と言われています。欧米人に比べてアジア、日本人は耐性が無い方が多いのでお腹を壊す割合が高いです。

 

 

牛乳=カルシウム=骨が丈夫になる

 

 

この後付け教育が施される前は日本人やアジアの人は骨がもろく、病弱であったのでしょうか。

 

 

そうではありません!!

 

 

カルシウム源は野菜、魚、豆腐、ゴマと色々あります。戦後に「牛の乳」が導入されました。戦前は牛乳を飲む習慣は無く、後に脱脂粉乳からスタートしました。

 

 

私の親に聞くと不味くてそれがトラウマになり今でも牛乳は苦手だそうです。牛乳はカルシウムが多く含有していますが、それを実際に効率的に吸収出来るかは別の話です。

 

 

お腹を壊す=身体の拒否反応

 

 

それを無理に続ける必要はありません!!

 

 

あくまでも人によって許容の差が出る嗜好品として認識されてはいかがでしょう。

 

=================================

【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・水曜・金曜10時~19時  火曜・土曜10時~16時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

ドクターヨシダ カイロプラクティック
公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です