天気痛・気象病とは?? 梅雨、台風、寒さ、雨が降る前に…

天気痛・気象病ということを聞いたことがありますか??それらは病気・疾患ではなく症状やストレスの一部であると私は考えております。

 

このような会話を聞いたことはありませんか?

「雨が降る前はひざが痛む」

「台風が近づいてくるから」

「冬場の鉛色の曇りは頭痛がする」

 

 

多くの場合は天気・気象と身体的疾患(病気)は関連性がありません。

 

 

しかしながら雨の時に症状が出たり、天気が悪いときに体調が優れなかったりと過去の【記憶】がその症状を覚えていることがあります。

 

 

初めてのレストランに行くときに迷いながら、スマホで確認しながら到着したとします。その帰り道は早く感じる、2回目以降の来店時は何の問題もなくたどり着くことが多いです。

 

 

私はこの【過去の記憶とのリンク】が気象病として位置づけされていると認識しています。私がアメリカで鬱とパニック発作を患った際に落ち着くまでに何十回、何百回も症状が出ました。小型飛行機内、橋の上を通過、トンネル内での運転、散髪時に後ろ髪を切られる際に胸が締め付けられて頭が後ろに持っていかれる感覚が現れました。乗客として橋やトンネルを通過する際はまったく症状が現れず、大型機での移動は大丈夫でした。

 

 

これらはそのシチュエーション、症状が出た状況を脳が覚えていて【なんとなくイヤだ】【怖い】という過去の経験とリンクし、過去の症状を掘り起こしていると結論づけました。

 

 

台風が近づいた際に気圧が下がります。「台風が接近し20、30ヘクトパスカル下がるからそろそろ膝が痛むぞ~」との自己暗示が関係しているとも考えられます。

 

 

花粉、乾燥、インフルエンザ流行、炎天下での脱水症状も【気象病】になりえるかも知れません。しかし気象病とはカラダを良い状態に保つことで防ぐこと・軽減することも出来ます。

 

 

「精神論でしょ」「それは気のせいだ」だけで終わらせるつもりはありません。意識すべきことは

 

・症状を深追いしない

・痛みを探さない 良くなっても自分を褒めることは少ないので

・日頃から自分の身体と会話する

・自分を褒める、労わる

・症状の無いときにも自分で出来ることを意識し実践する

 

=================================

【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・水曜・金曜10時~19時  火曜・土曜10時~16時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

ドクターヨシダ カイロプラクティック
公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です