金メダリストの元水泳選手が【うつ】を告白 それに対して想うこと

水の怪物と称されオリンピックで18個もメダルを獲得したマイケル・フェルペスさんが過去の鬱病の体験を赤裸々に語っています。

 

こちらの記事によると

 

 

‟数日間一人きりで寝室にこもり、何も食べずほとんど眠らずに、ただ生きるのがいやだとうずくまっていた。そしてついに、治療を受ける必要があることを悟った。”

 

 

金メダルを初めて獲得する時までは無我夢中でその後に反動がきた、次のオリンピック前の重圧で気分が落ち込む、飲酒運転で逮捕、大麻吸引により現実から少しでも逃れようとした とフェルペスさんは語っています。

 

 

私はアメリカ留学時代にパニック発作と鬱を経験しました。大きな発作は心臓が止まりそうに感じる、心臓が細動する、座っていても脈が120を超える(通常60)、血圧も200を超える等の体調の急変と症状がありました。私が経験した主な症状は以下です。

 

 

・原因不明な不安感

・耳鳴り

・頭痛

・倒れそうになる、動悸

・地面が揺れる

・汗、脂汗

・口が渇く

・あちこちを視る 落ち着きのない目つき

・重篤な病気だと疑う 色んな病院を受診し検査を受ける

・多眠過眠、不眠

・治る、良くなるのだろうかとう不安感

・死への恐怖 生への執着

 

 

症状を抑えるとん服薬を日本に一時帰国した際に処方されて服用しましたが症状を一時的に緩和することができてもスグに再発しました。数か月経った後にアメリカのパーマー大学の診断学の教授に相談する機会がありました。彼女は大学を首席で卒業した後に家庭の事情で内定が決まっていたクリニックに行けなくなった後に暫くして私と同じパニックを経験していたのです。

 

 

彼女に相談し、カウンセリングを受けながら大学に通いました。幸いにも私には仲間、親友がいました。パーマー大学のラグビー部の友人達や日本人留学生2名にも助けられながら克服することができました。話を打ち明ける、溜めこまないということが鬱やパニックにはとても重要であると認識しております。

 

 

コチラにもパニック発作と過換気症候群(過呼吸)について当院の方針を記載しておりますのでご覧いただければ幸いです。

 

 

 

=================================

【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・木曜15~20時 水曜・金曜10時~20時 火曜・土曜10時~15時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

ドクターヨシダ カイロプラクティック
公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です