【人生を脅かす危険なタックル】 後遺症がでることも

大学生のアメリカンフットボールの試合での出来事がクローズアップされています。この動画観た時に身体中に電気が走りました。

 

コチラの記事にもありますがプレーとは関係のないところでタックルを受け、選手が負傷しました。ラグビー経験者としてカイロドクターとして看過できません。

 

 

後遺症が出る可能性があるほど危険な行為

準備していない無防備な状態からひざ、下半身、腰、背中、首全体がむち打ちの動き

 

脚にしびれがでる 

脊髄損傷、椎間板付近を通っている神経に影響がでている可能性、骨折はないとのことですがあの衝撃は車の交通事故、しかも低速ではない状態と同等

 

QBへのレイトタックル

司令塔であるQBは相手選手から優先的に守られています(特にアメリカ)。司令塔役を潰すような指令が組織的、または監督、コーチからあったのか

 

 

NFLのニューオーリンズセインツが組織的に危険なタックルを行い、賞金を出していて問題になったことがあります。相手選手をプレー不能にさせると「$$」と設定していました。私はラグビー経験者ですがアメリカ留学時にアメフト観戦が好きになり、いまでも時々見ています。

 

 

今回の危険行為・暴力行為はプレーとまったく関係していないところで起きていること unnecessary roughness 不必要なラフプレー unsportsmanlike-conduct   非スポーツマン行為  等の反則ではありません。

 

 

私は中学生の時に腰の椎間板ヘルニアになりまいした。中高一貫校だったのですが高校にはラグビー部はあるものの中学はなく自分達で創りました。顧問はいたのですが未経験でコーチや監督不在でした。

 

 

その時にパスの練習の間に自分達で仕入れた前近代的な練習をしました。二人一組で立ち肩を組み、タックラーが後ろから全速力で二人の間の腰に頭を入れて突っ込みます。そんな根性論の練習をして数か月経った時に左脚から左足首まで強烈なシビレが出てきました。

 

 

近くの整形外科、総合病院、専門クリニックでレントゲンやMRI検査を何度も行い腰の骨の間の椎間板がかなり狭くなっているとの診断でした。痛み止め服用、座薬は常に財布の中に忍ばせて、激痛の硬膜外ブロック注射を何度も受けました。最終的にはカイロプラクティックや運動療法で改善しました。

 

 

私の場合は構えている状態で後ろからタックルでした。今考えるだけでもあの時の痛みやシビレを思い出します。日大アメフト部のこの危険なタックルを見た時に脊髄に電気が走り、全身に鳥肌が立ちました。

 

 

腰の付近には運動神経、感覚神経、自律神経の通り道である神経の束が走っています。下肢(下半身)に後遺症の痛みやシビレが出ることもあり、以前と同じように動けない走れないということもあり得ます。。

 

 

日本大学、チームの姿勢、監督の指示、選手の規律の無さ等色々と挙げられていますが最も考えられなければならないことは安全性です。

 

 

アメフトもラグビーも怪我がつきものスポーツで骨折、打撲、生傷が絶えません。ただそれはオンプレーに限って。当たり前の話ですがボールやプレーにまったく関係ないところ、無防備な状態の時に代表にも選ばれるような巨漢の選手が全速力でフルコンタクト しかも背後からは極めて悪質です。

 

 

生命にかかわる問題】として連盟、大学が責任の所在を明らかにする必要があるとともに負傷されたQBの選手の回復を祈るばかりです。

 

 

=================================

【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・木曜15~20時 水曜・金曜10時~20時 火曜・土曜10時~15時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

ドクターヨシダ カイロプラクティック
公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です