ドクターがお勧め【病院・治療院選び】の5つのポイント

当院に通われている方やプライベートの知人から「~科の良い病院は知らない?」「おすすめのクリニック教えて」「どこの治療院に行けば良いの??」と度々聞かれます。その際の答えとしては…

 

大きく分けて5つのポイントがあります。

~大学医学部卒、~床のベッドがある大きな総合病院、保険適応外、800例の手術を執刀、土曜日も診察している等はHPやパンフレットで実際に行かずとも分かります。今回はそれらと異なります。

 

 

①説明責任を果たしているか

目を見て説明するか】これは重要です。

CTやレントゲン画像を説明しながらでも重要な箇所はしっかりと目を見る。質問に対しても目を見て話す。日本のドクターや治療家達はこれを疎かにし過ぎです。私が中学生の頃から苦しんでいた椎間板ヘルニア、怪我で整形外科やリハビリ・鍼灸院では下を向いたままで目線があった先生はほとんどいませんでした。

 

「良くなりますか?」「治りますか??」に対して言い切れる場合以外は「分かりません」「その可能性は~くらいです」等の目を見ての正直な説明も必要です。目を見て話すことでドクターや治療家の自信、説得力、信頼度を量るポイントとなります。

 

 

②名前で呼ぶか

名前を呼ぶ】ことはとても大切です。

カルテの確認や画像の確認を行い間違いを犯さないためです。もうひとつは名前でしっかりと伝えることで診断や重要なアドバイスの【伝わり方が異なります】。

 

「運動して下さい」「あまり神経質にならずに」ではなく

「○○さん毎日15分歩いてください」「△△さん症状を追わないでください」のあとに「なぜなら~」と理由を説明すると伝わるチカラが異なります。

 

 

③尊敬をもって検査や触診を行うか

ひとの身体に触れるということはとても尊いことです。内科・整形外科で触診時にお腹や背中に触れられる時に丁寧な検査かどうかが大切です。

優しすぎれば良い というものではありませんが丁寧な検査・触診を行う先生は安心できます。細部を丁寧にみることでその先生の【仕事】は信頼できるでしょう。

 

 

④先生、施術者自身が健康的か

疲れていないか タバコ臭くないか エネルギーに満ちているか

 

ひと昔前は病院内に喫煙所もあり、手術や診察を終えた医師が当たり前のように自分のデスクでもタバコを吸っていました。当直明けや長時間勤務で眠そうにしている、良い印象やエネルギーを感じない場合は注意が必要です。

 

 

⑤相性

お薦めの院・先生に対しても相性があります

 

ある人はよくても自分には合わないことがあります。ぶっきらぼうでもしっかりと診る、話を親身に聞いてくれる等のように個々の優先順位や感覚によって合う・合わないがあります。実際に会って、話を聞く・質問することがベストです。

 

 

まとめ

Aさんが良いと思った病院や歯科医院が自分にあうとは限りません。実際に相談や検査に行かれた時にご自身で判断することが重要です。

親身になって聞く・説明がある場合はその先生自身を信頼できることになるからです。そしてそれが良い治療や回復への近道となります。

=================================

【恵比寿で唯一のカイロドクター】 Dr. ヨシダ カイロプラクティック

TEL:03-6452-4188
ご予約は「ホームページを見て…」とご連絡下さい。
電話受付:月曜・木曜15~20時 水曜・金曜10時~20時 火曜・土曜10時~15時

<完全予約制 新規は1日に3名限定>
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
ホームページからのご予約は24時間ご利用いただけます。
ご予約はコチラ

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-2 A.I ビル301
恵比寿駅西口ロータリー徒歩1分
ビッグエコー・ファミリーマートの向かいのビルです

ドクターヨシダ カイロプラクティック
公式サイト: http://doctor-yoshida.com/
フェイスブックページ:https://www.facebook.com/docyoshida/
口コミサイトエキテン:http://www.ekiten.jp/shop_7136567/

=================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です