こんな症状の方が来院されています

ストレートネックという言葉を聞いたことはありますか? 訳はそのままで【まっすぐな首】となります。 ミリタリーネックやアーミーネックとも呼ばれています。軍隊での姿勢からが名前の由来とされています。 ストレートネック、ミリタリーネック、アーミーネックはすべて同じ意味で首がまっすぐの状態を意味します。 アメリカの軍隊や陸軍では上官の命令は絶対です。 話を聞く際や命令される際は首をまっすぐに保ち、アゴを引きます。 その姿勢を長時間維持し続けると本来あるべきカーブを減少させます。




左の写真は首にカーブがある良い状態です。 右の写真はストレートネックでカーブがありません。 ではストレートネックであることにより、どのような 問題や症状が引き起こされるのでしょうか? 今回はストレートネックの定義や細かい数値は省略しますが、 下記の症状に心当たりのある方はカイロプラクティック の検査やレントゲン分析をお勧め致します。

症状

  • 首の椎間板ヘルニア
  • 手や手首のシビレ、痛み
  • 肩や腕のシビレ、痛み
  • 手や腕に力が入らない 握力低下
  • 頭痛、耳鳴り、めまい
  • 首や頭の傾き
  • 腰や背中の動きの減少
  • 腰痛や背中の症状
  • 肩こり
  • いびき
  • 肩(上腕)が上がらない、動かしにくい
  • あご、顎関節の症状

以上の様に代表的な症状例だけでも数多く挙げられます。



原因

長時間に及ぶパソコン作業やスマートフォンの 使い過ぎがストレートネックの要因とも考えられています。電車内や街中で周りを見渡してみて下さい。スマートフォンを操作している人の多くはアゴが胸につくように下を向いています。これは首の本来のカーブを減少させるだけではなく、ストレートネックにそして逆のカーブを形成する可能性もあります。 そして猫背、当院では巻き肩と呼んでいますが両肩または一方の肩が前にでることで首のカーブも少なくなります。


ストレートネックの対処法・改善方法

当院ではレントゲン分析を詳細に行います。身体は建築物と類似している共通点が多いので首だけではなく、背中、腰、骨盤までをミリメートル単位で分析を行います。 そのうえで問題のある個所のみを特定し、施術(アジャスト)を行います。身体は建築物と似ている部分があり基礎工事部分が安定していないと屋根や壁がグラつきます。


上の写真の場合は首の下の箇所、155という数字がある首の7番目、そしてその下の胸椎1番目の間を施術します。施術はとてもソフトで素早いです。通常は痛みを伴いません。そして毎日の生活の中で意識すべきポイント、ストレッチや運動法もお伝えします。

※上記のレントゲン画像は患者様の許可を得て使用しております。 無断使用、許可なき複製は固くお断り致します。



ぎっくり腰は通称で正式名称は急性腰椎症・急性筋性腰椎症です。 難しい名前ですね。 私は中学生の時に腰椎椎間板ヘルニアになりました。 初期症状をみてみるとギックリ腰と類似しています。そして中学三年、高校一年の 時にも何度か経験しています。 はじめて【ぎっくり腰】になった時は暫く安静にしましたが回復せずに 整形外科に行きそして総合病院でMRI検査を受けることになりました。



症状

  • 動けない、激痛・不安が伴う
  • 背中をまっすぐにして座れない
  • 呼吸しにくい また痛みを伴う
  • 咳、くしゃみ時に強烈な痛み
  • 脂汗がでる
  • どう歩いて良いか分からない


しかしながらこれらだけでギックリ腰と自己診断・判断してはいけません!! 短期間の間に繰り返し発症する場合はギックリ腰ではなく、他の問題のケースもあります。【ぎっくり腰】であると決めつけずに当院や医療機関を受診して下さい。 ぎっくり【腰】が一般的ですが腰だけに発生するわけではありません。 実は背中や首でも起こりえます。 頻度でいえば 腰>背中>首 といった順です。



原因

ぎっくり腰が起きる理由は姿勢・過度な負荷・予期せぬ動き・事故・回転 動作がキッカケになっていることが考えられます。 靴ひもを結ぶ、子供を抱っこする、くしゃみをする、かがむ、車から降りる、 自転車で後ろに乗せた子供を降ろす、運転席から後部座席に荷物をとる 等はキッカケです。 健康な状態であればなんの問題もない動きですが、発症する以前から 問題があり、それにあくまでもキッカケが加わったと考えることが自然です。

  • 重労働や反復作業
  • 長年にわたる悪い姿勢
  • 腰のカーブが減少しストレートに
  • 過去に腰の手術を受けた、ケガを経験
  • 前かがみ、回転、ひねりの仕事や動作を繰り返す
  • デスクワークや作業時に特定の姿勢のまま動かない(座っている時は立っているときに比べ約3倍の負荷が腰の部分にかかります)
  • 精神的ストレス 心理的不安

多くの方は【キッカケ】だけにフォーカスをし、「何もしていないのに急になった…」と思いがちです。 コップの水がすでに溜まっていて溢れだす直前だったと考えることができます。 最後の一滴があくまでも【キッカケ】であり原因ではありません。


ぎっくり腰の対処法・改善方法

対処法としては信頼のおけるカイロプラクター、柔道整復師、鍼灸師、医療機関 を受診されて下さい。 そこで他の問題ではなく、急性腰椎症【ぎっくり腰】だと判断された場合は

  • 動けるのであればゆっくりでいいので歩く(出来るだけ背筋をまっすぐに)
  • マッサージやストレッチを無理に行わない
  • 温めない、冷却は痛みを和らげる場合もあります
  • 横になるときは仰向けでも横向きでも楽な姿勢を選択する。両ひざを曲げる、ひざ下にクッションを挟むと腰のカーブがつくられます
  • 出来るだけ早くカイロプラクティックの施術(アジャストメント)を受ける。新規の方は応急処置を行い、後日にレントゲンを撮っていただきます。

いちばん大切なことは日頃からのケア、意識、運動です。 自分自身のカラダと会話することで【ぎっくり腰】は防ぐことができます。



近年お仕事でパソコンを使う方が増え、それに伴って 慢性的な肩の痛みを訴える患者さんも増加しています。 育児、家事、スポーツや趣味の活動を行う際にも肩の痛み、ハリ、こりがストレスとなっている場合も多いです。



症状

【肩こり】とはとても曖昧な表現です。 首の下、背中の上、けんこう骨付近、肩の上付近に症状がある状態を指します。 しかもその症状は人によって異なり、筋肉のハリやコリ、鋭い痛みやしびれ、慢性的な重さやだるさと様々です。 その理由は【肩こり】といっても肩に原因がないことがほとんどだからです。 肩こりで来院されて検査を行うと手やヒジ付近までシビレや痛みが走る場合もあります。もはやそれは肩こりではありません。レントゲン分析では椎間板が小さくなり、可動域が少なくなっている神経障害の場合もあります。



原因

当院が考える肩こりの原因は以下です。

  • 長時間にわたるデスクワークやパソコン作業
  • 運動不足
  • 巻き肩(猫背)による頭の前方傾斜
  • 首や背中の問題
  • けんこう骨、鎖骨の動きの低下

いままで多くの人をチェック、施術してきましたが肩こりの症状を訴えていて実際に肩関節に問題があった人はとても少ないです。


肩こりの対処法・改善方法

当院ではオリジナルのヨシダメソッドを用いて検査を行います。 問診、触診、可動域検査、整形外科テスト、神経テスト、姿勢分析、レントゲン分析を行うことでより科学的で詳細な検査を行っております。 当院はマッサージや揉むことはありません。 リラクゼーションではありませんので何十分もかかることはありません。 短い時間の施術で最良の施術を行います。 その上で手によって治療します。施術はとても優しくソフトです。バキバキ、ボキボキではありません。問題箇所や施術法によってはカチッ、プチッと音が出る場合がありますがそれらは関節内に溜まった空気泡、カプセルが圧力差によって生じる音なので心配ありません。 そして私の身体、使い勝手に合わせたオーダーメイドのベッドを完備しています。優しい負荷でドロップ機能があり、すべての年代、体型、妊娠中の方に最適な施術を提供することができます。

そして当院では独自の肩こり軽減法ストレッチをお伝えしています。 子供の時は感じなかった肩こりが今現在の悩みとなっている多くの人に喜ばれています。 施術を受けずとも日々の意識と5秒で出来るストレッチを続けることでつらい肩こりともサヨナラできます。



生きていくうえで必要なことそれは【食べること】です。 口を開ける、噛む時に痛みを伴うとストレスになりますし、そもそも 食べる意欲を失います。そして噛むということは消化を促す際に細かくモノを砕く、消化酵素を分泌する際に必要不可欠です。



症状

  • 口を大きく開けられない
  • 口の開閉時に違和感
  • 口を開けるときに音が鳴る
  • 奥歯でしっかりモノを噛めない
  • 歯ぎしりを指摘される
  • 噛み合わせが悪い
  • 噛みしめが強い
  • 長期に及ぶ歯科治療・入れ歯
  • こめかみが痛い、緊張している
  • 頭痛がする

顎関節症(がくかんせつしょう)と診断された方の多くは 2つ以上あてはまります。 ヒトのあごは食事の時はもちろん、緊張や運動時、力を発揮しようと 踏んばる時は数十kgから100kgほどのチカラで嚙み締めて負荷がかかります。
口を開けて指3本を縦に入れることが出来ますか?

  • ※入らない
  • ※何とか入るが違和感がある
  • ※側頭部のあたりに痛みが出る

この場合は注意や対処が必要です。



原因

ここで重要なことは顎関節(がくかんせつ)に問題がある場合と首の上のに 問題がある場合があります。 首の上には身体の中で最も大切なコントロールセンターがあります。 そのすぐ下にある首の骨と顎関節も隣り合わせになっています。 どちらかに問題があると干渉し、もう一方に影響することもあります。 問題がなければそのような状況でもしっかりと開閉し、 可動域(柔軟性)も悪くはありませんが、問題があると 少しの負荷でも影響を及ぼします。 ケガ、ストレス、緊張、嚙み締め、歯ぎしり、顔・アゴを前に突き出す姿勢、 長時間におよぶ口を開けた状態は顎関節に負荷がかかります。


顎関節症の対処法・改善方法

カイロプラクティックは背骨にあるサブラクセーション (神経伝達の妨害)を見つけ、取り除きます。 通常は頭のつけ根から仙骨(尾てい骨)までを専門としますが、 Dr.Yoshida は四肢(しし)の認定カイロドクターです。 アメリカの四肢カイロプラクター協会からC.C.E.P.の認定を受けています。 (日本に2名) Dr.Yoshidaの身内にも奥歯のかみ合わせが悪く、30%程度しか噛み合っていませんでしたが現在では60%程度まで噛めるようになっています。 施術と噛み締めが緩むセルフケアもお伝えします。カイロプラクティックを受けながら体操を実践することで治癒スピードが早まります。



四十肩 五十肩の違いを知っていますか? 20歳、45歳、51歳で発症した場合は?
ある日突然症状が現れて数週間から数か月、1,2年苦しみ、突如として痛みが消える、そして反対の肩に再発するという例は多いです。 女性の方が割合は多いですがもちろん男性でも発症します。



症状

  • 肩が挙がらない
  • バンザイできない
  • 背中をかけない
  • 肩を回せない
  • 服を脱着するのに痛みを伴う
  • 洗顔、洗髪しにくい
  • 噛みしめが強い
  • キャッチボールできない
  • 肩を動かすとひじ付近まで痛みが走る

上記の症状があり、肩こりとは異なる【肩関節】に症状が現れ、動かした時に 痛みが現れる・増すことを通称【四十・五十肩】と呼びます。 年齢が近い方を呼び名に使うという日本独自の呼称です。 英語では「凍った肩」=「Frozen Shoulder」と一般的に呼ばれています。



原因

デスクワーク、毎日の作業、カバンの持ち方や日常の姿勢の負担が積み重なり発症すると考えられています。 使い過ぎ、使わなさ過ぎも一因となっていますが明確な原因は未だに不明です。 加齢に伴い柔軟性(可動域)の減不足を主張する医師もいますが、原因そして症状 が現れる【キッカケ】は依然として分かりません。 10代や20歳で発症する場合もあれば、80歳を越えても肩を問題なく動かせる人や 一生で一度も経験されないこともあります。


四十肩・五十肩の対処法・改善方法

正式名称は【肩関節周囲炎】【Adhesive Capsulitis】 なんとも漠然とした疾患名で「肩周辺の炎症」という状況を表しています。 効果的な対処法は日頃の運動習慣、体操とストレッチ、そして カイロプラクティックの施術になります。 ただ問題の性質によっては時間がかかる場合や、右肩の症状が収まっても 反対の左方に移る といった例もよくみられます。

  • 発症する年齢は関係ありません
  • 自分で決めつけない
  • 他の疾患、病気ではないかの見極め
  • 他の箇所に問題を併発している
  • 原因が他の箇所にある

肩の検査と同時に首、背中、腰のつながっている箇所もしっかりと検査を 行う必要があります。 その理由は肩、上腕の動きをコントロールしている神経が首を通っているからです。 そして痛み、冷たさ等の感覚も首を通って脳に情報が伝えられます。 肩だけに問題がある、肩には問題がない、肩と首に問題があることも考えられます。

当院では必要に応じて首や背中と同時に肩を治療することで治癒スピードを早めることを促します。 四十肩五十肩はニックネーム(呼称)に過ぎない。年齢で分類されているのは日本だけです。もちろん年齢に関係なく発症します。 年齢に関係なく自分自身の身体を知る、そして向き合うことで未然に防止することが出来ます。