こんな症状の方が来院されています

悩みごとを【頭痛のタネ】と表現するように、カラダの症状や状態を 示す際に【頭】はよく使われます。 その中でも 頭痛 めまい 自律神経失調症 突発性難聴 症状が現れる箇所も問題の性質、日中の時間によっても異なる場合があります。その頭痛やめまいの原因はさまざまです。


症状

  • ふらつき・たちくらみ
  • ドキドキする
  • 耳の違和感
  • 発熱・炎症
  • 目がまわる バランスを崩す
  • 頭頂部や側頭部に鋭い痛み

カイロプラクターが重点的に検査する項目は頭の付け根から首です。 耳のすぐ横には一番上の首の骨があり、そこから神経が出ています。 首の一番上の骨は【アトラスAtlas】と呼ばれます。身体の大黒柱という意味があります。ギリシャ神話に登場する神で【支えるもの】という意味もあります。 このアトラスは頭だけではなく脳を支えています。 アトラス付近から出ている神経は目、耳をコントロールしています。 そこに問題があると、めまい、まぶたのけいれん、耳鳴り、めまい、 立ちくらみ、頭痛、ふらつきを引き起こすこともあります。 それだけではなく頭痛の原因があご、顎関節が原因の場合もあります。 奥歯で嚙み締めるとこめかみの横が動きます。 頭の横の部分に痛みが出る場合は首と同時に他の箇所も慎重に検査します。



原因

  • 月経・ホルモンバランス
  • がく関節や歯の問題
  • 腫瘍や他の疾患
  • 精神的ストレス・不安感
  • 首や背中の筋肉の緊張(首や背中の筋肉が頭に付)
  • 首のサブラクセーション(神経伝達の妨害)


対処法・改善方法(頭痛 めまい 自律神経失調症 突発性難聴)

  • 医療機関を受診
  • 姿勢の改善
  • 不安要素や精神的ストレスを減らす
  • カイロプラクティックの検査を受ける
  • 症状を深追いしない
  • 無理のない範囲で身体を動かす


カイロプラクティックでは後頭部、首の上のアトラスを入念に検査します。 可動域、神経テスト、レントゲン分析、姿勢分析を行い施術する方向や深さを決めます。 施術はとても素早く一瞬で終ります。通常は痛みを伴いませんので安心して下さい。 後頭部や首の上の負担・負荷を減らす姿勢、意識するポイント、すぐに出来るストレッチのアドバイスを行います。 そもそもカイロプラクティックの創設者Dr. D. D. パーマーが難聴の執事を施術した後に聴力が回復したことがカイロプラクティックが始まった瞬間です。



現在定期的に運動をされていますか? または過去にスポーツをされていましたか? カラダを動かすといっても学生時代のクラブ活動から週末や早朝の ウォーキングといった手軽に出来るものまで様々です。 当院に来られるかたの約5割の方は運動をされています。 散歩や体操、ヨガ、ゴルフ、野球、フットサル、ラグビー、テニス、 スキー等様々です。 運動することで筋肉痛が起きることもあります。しかしその痛み、乳酸が 溜まっておきる軽い炎症は【悪者】ではありません。

当院ではより多くの方に運動やスポーツを行うように推奨しています。 150年前、50年前と比べて日本人は歩かなくなってきました。 毎日15,000歩以上歩かれる人の方が少ないと思いますがつい半世紀 前まではそれが当たり前でした。 便利になったことの弊害でもありますが、現代では【意識的】に 動く、運動しないとますます動かなくなっていきます。 ジムでトレーニングするだけが運動ではありません。 楽しく目標設定、趣味を活かしながら動くことが身体的・精神的健康に つながります。 ベストなタイムやスコアが出たり、仲間と無理なくテニスをできるように、 孫と山登りできるようにと種目や目標は様々です。 治療を進めていく上で圧倒的に治癒スピードが早いのは以下です。

定期的に運動している人 > 運動していない人
20分歩く、階段を使う、ストレッチを行う、自転車に乗るなどは 各レベルに合わせて継続的に行えます。



症状

  • 過去の怪我
  • スポーツ傷害
  • ゴルフ肘
  • テニス肘
  • 肩や手首使い過ぎ
  • ひざのオスグッド
  • 可動域や動きの減少・思い通りの動きができない


原因

  • 怪我・事故
  • 使い過ぎ
  • 使わなさ過ぎ
  • 疲労や多大な負荷・姿勢

ゴルフのスィング、ランニング時の股関節の動き、ベンチプレス時の腕や手首の可動域、すべては脳から出ている背中の神経を通って指令が伝わります。 症状はなくとも問題が進行していることがあります。 早めのケアで自分の理想の動きと実際の動きの誤差を少なくします。骨のズレを治すのではなく、感覚のズレもあなた自身が修正出来るように促します。 そして正しい知識をお伝えすることも私の重要な役割です。



対処法・改善方法(スポーツ障害 パフォーマンス向上)

  • 一生涯スポーツを楽しむためにはメンテナンスケアが必要
  • 運動前後のウォームアップやクールダウンは必須
  • 睡眠 休息をとると筋繊維の疲労回復につながる
  • 良質のタンパク質の摂取
  • 自分の身体の特徴や特性を知る
  • 継続的な有酸素運動 ウォーキングや水泳
  • ゴルフをプレーする際は他の運動も一緒に
  • カイロプラクティックのチェックやメンテナンスケアを受ける


運動することで健康的で幸福ホルモンが分泌されます。 そして発汗することで新陳代謝が活性化し、老廃物を流すだけではなく肌、骨、筋肉の生まれ変わりを促します。 かく言う私も無理なく運動を習慣化しています。 週に1度は妻とウォーキング(2時間)、週に2度のクロスフィットジムでのトレーニング、月に2度のラグビー、冬場はスキーも楽しんでいます。 そして基本的にはエスカレーターを使わずに階段を利用しています。 これも立派な運動です。ウォーキングに勝る運動はありません。 日常的に身体を動かすことで新陳代謝がよくなり、細胞も活性化します。発汗することで老廃物を出すだけではなく身体の基礎体温低下を防ぐことで免疫力アップにつながります。



カイロプラクティックは腰痛・肩こりだけのケアではありません。 アメリカのカイロプラクティック学部では胎生学(発生学)といって受精卵が形成されていく専門学を学びます。そして周産期学、小児、婦人科及び泌尿器、老人病学を学んだうえで大学付属クリニックにて様々な年齢層や症状を抱えている方を診ます。 もちろんこれはアメリカにおいてです。私が卒業したパーマー大学(Palmer College of Chiropractic)は全米、世界で最大規模の研究リサーチ機関があり、より科学的なケアの研究を続けています。 日本でも晩婚化がすすみ、【妊活】という言葉も使われています。

女性が妊娠、出産することはとても神秘的で時には命がけです。 妊娠は病気ではありませんが妊娠期間中は様々な変化や負担が母体に 現れます。 つわり、吐き気、腰痛、息切れ高血圧、足のむくみ等ホルモン分泌も 激しく変化します。 これは新しい生命が宿り、成長し始めている「証拠」です。 この変化は時として、つわり等の症状を引き起こしています。 妊娠初期だけつわりがある、後期まで続く場合と人によって異なります。 ひとつの身体に二つの個性、神経が共存しているとお互いの主張がシーソーの様に振れることがあります。 妊娠初期・周産期ケアにカイロプラクティックが有効な理由は いくつかあります。

妊娠前のケア 妊活ケア

月経不順や生理痛の方は腰および仙骨(尾てい骨)のチェックが重要です。 子宮をコントロールしている神経が腰の部分からつながっています。 脳からの情報を伝え、子宮の情報を脳に伝える大切な通り道です。そこに不具合があると末端の子宮まで正しい指令が伝わらないこともあります。妊活されている方は食習慣、運動習慣を意識するだけではなく【腰】のチェックが必要です。

妊娠中のケア

お腹が大きくなるにつれて腰のカーブが変化します。 それに伴い首や背中のカーブも変わります。 歩き方が変わり、立ったりかがんだりするのもひと苦労。 お腹が大きくなり、腰痛になることは想像できますが、首、背中や 足首に痛み等の症状が出ることを連想されない妊婦さんはたくさんいます。 お腹や腰だけではなく全体をとらえるて、チェックする必要があります。 身体をコントロールしている神経は背骨の中を通っています。 お腹が大きくなり腰に負荷がかかると、そこから枝分かれ している末端の筋肉や器官にも影響をあたえることがあります。 「お腹が大きくなったから…」で全てを済ますのはよくありません。

出産・胎児ケア

痛みがなくても骨盤を正常な状態に保つことは胎児の成長を促します。 逆子、発育不足であれ胎児が正しくない姿勢でいると、母体にも 影響を及ぼします。 それは母体の下半身から心臓へともどる血管を圧迫し、高血圧やむくみ、 けいれん等を引き起こすこともあります。 つまり骨盤(神経)を正常に保つことは胎児、母体両方の健康へ とつながります。新しい生命を迎えるにあたり少しでも母体 の負担を軽減する必要があります。

産後ケア・新生児ケア

出産後は出来るだけ早くカイロプラクティックのチェックを受けて欲しいです。大きかったお腹が小さくなることで腰や首のカーブに変化がでます。その急激な変化に対応しにくいこともあるので必要に応じて治療を行います。 当院では妊婦の方専用のカイロプラクティッククッションをご用意 しております。 専用クッションを使用することで妊娠中・出産直後にはとれない体勢のうつ伏せになることで、無理なくリラックスしながらの治療となります。

また当院ではお母さん、またはお父さんがカイロプラクティックを 受けている場合は新生児、赤ちゃんのチェックも行っております。 子供は大人に比べて反応が早いので施術回数も少なくてすみます。 帝王切開、難産の場合は早期のチェックをお勧めしております。 Dr.Yoshidaは妊婦さん、子供を安全に治療することが出来ます。 アメリカ・オランダでも多くの妊婦の方のケアに携わってきました。 最小限のチカラで、最大限のスピードで優しく施術を行います。



このページをご覧頂いている方はパソコン、タブレット、スマートフォン を使っていらっしゃると思います。 便利な反面、使い過ぎや間違った使い方によっては身体にとって負荷が かかり、負担となることがあります。 症状で考えると使い過ぎや怪我によって手首が痛くなるケースがありますが、全てが必ずしもそうではありません。



症状

  • 指先や手のひらがしびれる
  • 手に力が入らない
  • 冷たく感じる
  • 指にピリピリと電流が流れる感覚
  • 指先や手首の違和感


腱鞘炎(腱鞘炎)は手首にある鞘(さや)のような包みが腫れて手首やひじを 動かすと痛みや腫れが生じます。 またその包みの中を通っている腱(けん)は筋肉の延長の部分で骨と のつなぎ役です。その腱に炎症が起こると指や肘にまで影響が出ること があります。 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん) 豆の様な骨の隙間が狭まる、骨の(1つ又は複数)動きが悪くなる、神経が圧迫されるとも 考えられていましたが各骨の間の動きが少なくなる・あそびがすくなることで痛みが出るとも考えられています。



原因

  • 使い過ぎ、疲労
    パソコン作業、執筆活動、塗装職人、手作業等の反復活動
  • 怪我、スポーツ、衝撃
    交通事故、転倒、野球、テニス、ボクシング、コンタクトスポーツ等
  • 姿勢、習慣
    寝そべり肘をついてテレビをみる、重いものを持つ、スマートフォン操作時の姿勢、頬杖、ピアノ演奏や編み物
  • 首の問題
    更にもうひとつ起こりうる原因は首や肩の【問題】です。問題と書きましたが必ずしも“症状”ではありません。手首には問題が無くて、首に問題がある場合もあります。

指・手首の動きや感覚(熱い・冷たい等)をコントロールする神経は首の所を通って脳につながっています。 途中の通り道にはヒジや肩、鎖骨の近くを通って首へとつながり、脳への信号の送受信を行います。 その信号の送受信の通過ポイントである首に問題があれば、末端の手や 手首に影響を与えることもあります。

対処法・改善方法(手首 腱鞘炎・手根管症候群)

  • レントゲン分析、姿勢検査、触診、動きの検査、握力や指の力の検査、神経検査を行います。
  • 四肢認定カイロプラクターの私が手のチェックを行うと同時に首の検査と施術を行います。
  • 施術は短時間で効果的に行うことで負担の軽減をはかります。過去の怪我・使い過ぎにより手首に負荷がかかります。手首の施術は効果が早めに現れる場所です。
  • 手首の体操やストレッチをお伝えします。そうすることで治癒スピードがさらに早まります。

C.C.E.P.(カイロプラクティック四肢認定ドクター)保持者は日本に2名 しかいません。



私は中学生の頃からぎっくり腰やヘルニアを経験してきました。 坐骨神経痛、シビレ、太ももやふくらはぎのハリ、かばう為に姿勢が悪くなりお尻を突き出してアヒルの様な歩き方もしていました。私の【坐骨神経】は左のお尻のつけ根から左足首まで電流が流れている感覚でした。



症状

  • 腰からひざ裏、ひざ横にかけての違和感
  • お尻の上の痛み
  • 太もも、ふくらはぎのしびれ
  • せん骨(びてい骨)付近の痛み


そして症状はシビレ、ハリ、こり、鋭い痛み、電流が流れる感じ、鈍痛、圧迫されている感覚等の痛みの種類も多岐にわたります。 【坐骨神経痛】は痛みのあるところを指しているニックネームにすぎません。多くの場合は腰の下やお尻近くに問題があり太ももやひざの裏にかけて 鋭い痛み、シビレ、形容しがたい違和感を感じます。


原因

腰痛や坐骨神経痛は炎症、筋肉疲労や使い過ぎ以外でも起こります。 便秘、尿管結石、腎臓病、前立腺異常、直腸や大腸の腸炎、癌、感染症、 椎間板ヘルニア、股関節脱臼(幼少期含む)等原因は多くあります。 カイロプラクターの役割である【サブラクセーション(神経伝達の妨害)を発見し取り除くこと】ですが、これが原因の場合もあります。

しかしこの【サブラクセーション】は必ずしも痛みを伴うとは限りません。 虫歯やぎっくり腰と同様に徐々に疲労の蓄積や負荷をかけ続け、 ある一定のラインを超えると痛み等の症状が現れます。 コップに水を一滴ずつ加えていき、ある一滴を境にあふれ出します。 最後の一滴は今までの一滴とまったく同じ量であっても、コップから 溢れ出します。 「この最後の一滴」を加える前に表面張力で容量がいっぱいとなっている とも考えられます。 それらは過去のケガ、日々の姿勢、運動不足、長時間のデスクワーク、 栄養のバランス不足、肥満、精神的なストレス、薬の服用過多、 睡眠不足からくることもあります。 私も椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛を経験して歩けないほどでしたが、 カイロプラクティックを受けるだけではなくリハビリもしっかりと行いました。

カイロプラクティックで一時的に痛みや症状が軽減または消滅しても、 日々のライフスタイルが変わらないかぎり再発する確率も非常に高いです。 溜まった水はあふれだす前に、自分から排出する必要があります。 その「排出法」はご自身でできることと意識すること、 そしてカイロプラクターが施術(アジャスト)を行うことです。


対処法・改善方法(坐骨神経痛)

  • 医療機関を受診する
  • 画像検査 レントゲンやMRIで正確な診断を受ける
  • 安易な手術はお薦めできません 保存療法が良い
  • カイロプラクティックの検査
  • ウォーキング 運動
  • 腰を反らさない運動 反る姿勢 問題箇所・性質によって異なる
  • 坐骨神経痛や腰痛を怖がらない
  • 症状のみにフォーカスすることを避ける
  • 日常の動作や姿勢を変える

痛みの症状を深追いすることは賢明ではありません。 それは自分自身の身体を知ること、恐れないこと、動くこと、正しく動くことを意識して実践することでぎっくり腰防止だけではなく、より健康な身体を手にいれて人生を楽しむことができます。