こんな症状の方が来院されています

不眠とは眠くなくなるということではなく、寝ようとしても 寝られないことを意味します。 睡眠薬を使いたくないと思っている方は非常に多いです。 起きた時に疲労感が強かったり、思うような時間に起きれないからです。 「身体は疲れている、明日も朝から大事に会議がある、もう一度確認もしたいし、あと数時間しか寝られないけどとにかく休もう…」


症状

疲れているのに眠ることが出来ない、睡眠中にドキドキして起きる、 起きた時に身体が動かなかったり起き上がるチカラもない状態、 睡眠時間が不足しているので日中や仕事中も身体がだるくて眠く、 まるで時差ボケの感覚が続く これらが不眠・不眠の前兆です。 そして夜は「今日も寝つけなかったらどうしよう」という不安感が増します。 睡眠時には成長ホルモン、女性ホルモンの分泌が活性化します。 身体的疲労回復だけではなく、脳を休ませることで精神的疲労や脳に 集まる膨大な情報処理を休ませます。 生きていく上で必要な【寝る・休む】という行為。 睡眠時間が3時間ほどで十分な人や最低でも9時間は必要と 人それぞれです。 良質の睡眠をとるには寝るまでのメリハリとアプローチが必要です。



原因

メリハリという点でいうと交感神経(闘う・動かす)と 副交感神経(リラックス・休む)のはたらきが重要になります。


  • 大事な試験・面接・会議前には心臓がドキドキし手が汗ばみ、口が乾きます。
    この状態が交感神経が活発ないわゆる心身がオンの状態です。

  • 運動後、入浴後、夕食後に読書や音楽を聞いていると眠たくなります。
    この状態は副交感神経が活発な心身がオフの状態です。


あまりにも緊張しすぎる、考え事や、寝る直前の激しい運動は たとえ就寝中であってもアタマの中動いている交感神経がオンのままです。 身体と心のバランスが取れていないと寝ても疲れが取れない、寝たいのに 眠れないというアンバランスが生じます。

睡眠中のレム睡眠とはREM(Rapid Eye Movement) 目が活発に 動いている状態です。身体は休んでいますが脳は活動しています。 ノンレム睡眠は逆の意味で目がゆっくり動いている状態。 深く眠っているのでこの状態に目覚まし時計やアラームで起床するとカラダがだるくて起きにくくなります。 このレム、ノンレムのサイクルの安定、メリハリ、把握が大切です。 そうするためには神経の送受信を正しく行う状態にする必要があります。 カイロプラクティックは神経伝達の妨害を取り除きます。 それと同時にアプローチ法として身体に【いまから寝るよ】と伝えることも とても大切です。



対処法・改善方法(不眠)

  • 白色蛍光灯を使わず間接照明等で
  • 寝る直前の食事・飲酒を避ける
  • ベッドのなかでゲームやスマートフォンの強烈な光を浴びない
  • 日中に太陽光を浴びる 有酸素運動を行う
  • 入浴後に軽いストレッチを行う等の寝る前の習慣・ルーティーンをつくる
  • 眠れない場合は無理に寝ない
  • 睡眠時間にとらわれない 質を意識
  • 休日も少しだけ長く寝る程度


上記のポイントも意識しながらカイロプラクティックのチェックを お薦めします。カイロプラクティックは入眠のスイッチを円滑に促します。



多くの女性が悩まれている【便秘】 もちろん男性でも便秘症になり得ます。 そして男性は緊張、仕事のプレッシャーや旅行中に便秘になる方もいます。



症状

便秘症の方は排便の時に痛みを感じたり、においが強くなることがあります。 そして不快感を伴うことも多く、腹痛や身体のだるさを感じることも あります。



原因

腸内環境の悪化、ストレス、水分・食物繊維不足、生活習慣・偏食、 運動不足、薬の副作用等が原因としても考えられます。 腸内環境の悪化の場合は善玉菌や悪玉菌の腸内細菌が取り上げられます。 ヨーグルト、ドリンク、サプリメント摂取もそのひとつです。 そして直腸や大腸の運動・機能低下も大きな影響を及ぼします。

蠕動(ぜんどう)運動という言葉を聞いたことはありますか? 消化物、未消化物をヘビのような動きで順に移動させて送り出すことです。 そして大腸の動きが悪くなると便が腸内に停滞し溜まります。 大腸や腸とても長く、多くの弁を収容できますがお尻の すぐ近くの便は水分が抜けて固くなります。



対処法・改善方法(便秘)

大腸の蠕動運動をコントロールしている神経は腰の部分から 枝分かれしています。 腰の部分に問題、神経のやりとりの不具合があると、関連性が 無いと思われる箇所にも影響がでることは多いです。 当院では姿勢検査や触診だけではなく、レントゲンでの 腰の詳細な分析を行います。 運動、水分摂取、バランスの良い食事を心がけることはもちろんですがそれでも便秘が続く方は当院でカイロプラクティックのチェックを受けて下さい。



メニエール病はめまい、難聴、頭痛、耳鳴りを伴うことが多く座っていても、立っていても目が回る状態です。 何かにつかまりたい、かがみたくなり、横になりたくなります。短期間だけ発症する場合や頻繁に繰り返し起こることもあります。 突発性難聴の場合は徐々に始まることはなく、先週の月曜から、母の介護施設の帰り、2月23日の昼にというように具体的な日時を覚えていることも特徴です。 身内の死、ショックな出来事やPTSDの症状として現れることもあります。



症状

バランス、身体の位置、方向をコントロールしている平衡(へいこう)感覚は耳の中にある器官でコントロールされています。飛行機内で夜間または窓のシェードを降ろした時に靴ひもを結ぶとどの方向に上昇・下降、左右に向かっているか分からなくなることをバーティゴと呼びます。それは平衡感覚、目から入る視覚情報と耳の三半規管から脳に送る情報とに一時的には誤差ができることが原因です。



原因

原因は耳の中に腫れによる感染、神経障害、三半規管の異常、精神的トラウマ、疲労、精神的ストレスとも考えられていますが明確な原因は不明です。



対処法・改善方法(メニエール病 突発性難聴 バーティゴ空間識失調)

手術を受けられる方もいますが再発率も高いので当院では2つのアプローチがあります。 上部頸椎、首の1番目、2番目の神経障害の有無を詳しく検査 神経障害があった場合はカイロプラクティックの施術を行います。 次に精神的ストレスの軽減、日常生活の過ごし方やご自身の身体との向き合い方をアドバイスします。【施術】を受けるだけではなく原因となりうる要因を減らしていく身体づくりをサポートします。

カイロプラクティックは難聴の人を施術した後に聴力が回復したことがキッカケではじまりました。めまい、聞こえにくい、耳が詰まった感じが耳鼻科に行っても良くならに等で来院される方もいらっしゃいます。 まずはお気軽にお問い合わせください。



顔面神経痛は決して珍しくありません。 私の父も経験しましたし、オランダ勤務時代にも顔面神経痛を訴えて来院されていた方を何名も診てきました。40代女性からの発症が多いですが男性でも起こります。



症状

目、頬、口の片側のみが痙攣(けいれん)する、こわばる、動かしにくくなる。顔の片側だけが表情を失う。耳鳴りや目の周りの違和感がある。



原因

ウィルス感染、神経障害の可能性が大きいです。 三叉神経Trigeminal Nerveは顔の広範囲にわたる感覚を脳に伝えています。 まぶたの上がかゆい、鼻が冷たい、唇をやけどした 等はこの神経が全てコントロールしています。神経には脳からの指令:出力と各器官から脳に情報:入力を伝える2つの重要な役割があります。



対処法・改善方法(顔面神経痛·麻痺 三叉神経痛)

神経内科・脳神経外科に通われる方が多いです。病院では顔面神経を圧迫している可能性のある腫瘍、動脈硬化、動脈瘤の疑いも視野にいれますが割合はあまり多くはありません。当院ではレントゲン分析を用いて後頭骨(頭の後頭部)第1頸椎(アトラス)、第2頸椎(アキシス)を0.01mm 0.01°単位で計測する。そして触診、動きの検査、神経テストを行って問題箇所の特定を行います。仰向け、うつ伏せ、横向きの状態で素早く優しい施術を行います。